ys diary
<< 2012年05月 >>
sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2012年05月17日(thu)
2012年05月06日(sun)
2012年05月01日(tue)


 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
5月17日

 昨晩は体力回復(写真展でほぼ毎日在廊し、会場で立っていたので疲労が溜まったようだ…)のため、早めの10時半過ぎに眠った。
 5時半に起床するまでに数回目が覚めたが、それでも通常5時間睡眠からすると7時間半と破格の睡眠時間となり気分良く起床。
 さて写真展が終了しほとするまもなく、銀座写真塾の第二期生写真展(ルーニー7月)と、特別企画「旅」写真展(ルーニー8月)の準備が今日から始まる。
 今日は8月にルーニィ・247フォトグラフィーで企画されている夏の公募写真展その1:Cats and Dogs/その2:タビガラス(http://www.roonee.com/?p=2017)のその2タビガラスに、ゲスト写真家として旅の写真を展示予定(ちなみにその1のゲスト写真家は、ハービー山口さん)。
 11時過ぎ展示作品を持ち、ルーニーへ向かう。写真展が終わって間もないが、7月と8月に「Roonee 247 Photography」で開催する銀座写真塾第2期生展(7月10日〜15日)と、ルーニーの夏の公募展”その1 Cats and Dogs”(7月31日〜8月5日)その2”タビガラス(旅)”(8月7日〜12日)の
”その2”のゲスト写真家として展示する作品をルーニーへ届けに(ちなみに”その1”のゲスト写真家は、ハービー山口さん)。
 打ち合わせののちルーニー杉守さんといっしょに、歩いて数分のトーテムポールギャラリーへ大西みつぐさんの写真展近隣論「臨海に曝す(20日まで!)」を見に行く。眩暈がするような作品が、たくさんあった。大西さんのポートレートを撮る(fragmentにアップ)。
 帰宅後いくつか、やらなければならない事の連絡が入る。どれもやりがいのある仕事だが、カメラ雑誌は確定でweb関係はプレゼン中。
 プレゼン中といえば某企業のカレンダーの話が舞い込んでいるが、コレもプレゼン中。すべて順調に進んで欲しい。
2012年05月17日(thu)  No.588

5月6日

 5時半起床。ランニングをして、シャアワーを浴び朝食。いつもと変わらない朝だが、今日は写真展の5日目で、リングキューブで写真展に連動したギャラリートークを開催する関係で、出かける前に自分で作ったテキストにひととおり目を通す。
 9時過ぎ、怜王がめずらしく児童館へ。ゴールデンウィークも今日が最終日で、怜王は明日から小学校なのでGW最後の日を楽しみたいのだろう。元気なことは、いいことだ。
 10時過ぎ、MacBook Proをバッグに入れ、銀座リコー リングキューブへ向かう。
 11時リングキューブ到着。展示状態をチェックし、芳名帳に5月6かと記入。そしてMacBook Proを持ち9階へあがり、備え付けの大型液晶モニターとMacBook Proの接続テストを行う。
 今日はひとりで行うトークなので、こうした視覚的材料が必要なのだ。ワークショップ写真学校・森山大道教室の頃にさかのぼって、今回展示で植物の日中シンクロの発端となる山村雅昭氏の植物の写真のこと。さらに日中シンクロの技法について、語る予定だ。
 この日記は8階の展示している入り口の受付脇で、来場者がいない時に書いているので自分自身としてはリアルタイムな感じで面白い感じ。
 昼過ぎ20代の青年が、「とても面白いです」と話しかけてきた。彼自身もGR DIGITALIIIを持っていてモノをマクロ撮影で撮っているというが、昼間フラッシュを発光して植物を撮ることに興味を持ったようでしばらく話し込む。
 1時半ころ知り合いの、池尻清さんがお友達と来場。池尻さんはDRUGでも写真を発表している写真家だ。
 3時、ギャラリートークの始まり。集まっていただけた方は、おおよそ15名ほど。間が持たないと思われた液晶モニターを見ながらの話は予定の1時間を過ぎてもまだ続き、質問も多くとても充実した内容となった。
 そして9階から8階の展示会場に場所を変え、作品の解説やエピソードなどの間に質問を多数受けこちらも密度の高い解説となり2時間を越えるギャラリートークを無事終了する。
 ギャラリトーク終了後、会場にイラストレーターの”どい まき”さんの姿を発見!しばらく話をする。
 6時を過ぎた頃、会場で写真を見ていた女性からたくさんの質問を受ける。それは技術的なことではなく精神的な内容で、とても興味深い言葉が多かった。
 今日6日で、写真展会期の1/2。明日からは、折り返し。連日フル在廊は難しくなったが、時間が許す限りリングキューブに行こうと思う。
2012年05月06日(sun)  No.587

5月1日

 5時半起床で、ランニングへ。作年11月からはじめたランニング(ウォーキング併用)も、すでに7ヶ月目に突入。我ながらよく続いていると思うが、すでに走る走らないということより、身体が早朝ランニングに順応して何も考えずともカメラを持って外に出るようになってきたようだ。
 ランニングから帰ると、怜王が起きていて僕のiPodでゲームをやっていた。iPhone導入の妻から譲り受けたiPodだが、日常的に使ってるのは怜王で僕は夜寝る時イヤホンでシェーンベルクやアヌーシュカ・シャンカールなどを小さな音で聴くくらい…。
 8時過ぎ怜王を小学校に送り出し、9時半前妻が仕事に。僕は11時半過ぎ銀座写真塾の第2期生展開催(7月10日〜15日)が決まったギャラリールーニー(http://www.roonee.com/)へ打ち合わせに向かう。
 12時過ぎ世界堂でノートを購入し、ルーニーへ向かう途中より雨が…。ルーニーで篠原さんと詳細打ち合わせをし、「Naked Flower」のDMを置かせてもらった(一番目につく芳名帳の上に置いてくれ嬉しい!)。
 雨ということ怜王はランドセル広場(夕方5時まで校庭で遊べる)が中止になる可能性があるので、もう1件目黒のギャラリーコスモス(http://gallerycosmos.com/main/)で今日から開催の「新山清の世界供廚鮓にゆく。
 コスモスで写真展を見て新山さんにドイツのヘルムート・ニュートン美術館で開催されている日本の写真館の図録を見せて頂く。つい先日BLDギャラリーで見た細江英公の「薔薇刑」も収録されていた。
 ランドセル広場が中止の場合、怜王は2時40分くらいに帰って来る。2時20分、に帰宅。
 雨はぎりぎりもってランドセル広場はやっているようで、怜王は5時少し前に帰宅。怜王が帰って来るまでの間、6日にリングキューブ9階で行われるギャラリートーク(ワンマントーク…)の時に、液晶モニターで紹介するいろいろな画像の制作をする。
 さて4月最後の日の30日、義兄の結婚式に出席ののち、リコーリングキューブで写真搬入展示後の最終チェックをしに行った。すべて順調に行えたことを、展示写真を見て実感する。
 明日はは「Naked Flower」初日だが、何と明日以降数日雨予報…。万事を尽くして天命を待つ、そんな気持ちだ。
2012年05月01日(tue)  No.586

 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.29