ys diary
<< 2012年04月 >>
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2012年04月21日(sat)
2012年04月14日(sat)
2012年04月14日(sat)
2012年04月01日(sun)


 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
4月21日

 ここのところなぜか5時半起床が続いたが、今朝は20分遅い起床で不本意ではない起床で体調も良い。キッチンに行くと、怜王は僕が起きる時間を待っていたようで、「50ぷんすぎたらか おきてくるとおもった」と言った。
 いつものように30分ほどランニングに出て、帰宅。朝食の支度をしつつ、ランニングの時に撮影したカットを加工し、文と一緒にFacebookのウォールにアップ(このHPの”fragment”と、ほぼ連動)した。
 アップしている最中に「おなかすいた…」と怜王が言ったが朝食の準備ができていなかったので、焼きおにぎり(醤油にカツオだしを少し加えた)を作って食べさせた。
 朝食後写真展のための、ある準備を進める。この間妻は仕事、怜王は僕のiPodでゲーム。。
 今日雨が降ると思っていたが、どうやら明日の午後くらいかららしい。明日はワークショップ曽根塾第33回が豊洲で開催予定だが、ぎりぎり撮影にはかからないようなのでひとまずほっとする。
 19日は写真展のテストプリントをリングキューブまで行ってチェックしてきたが、デジタルデータ(イラストレーター・フォトショップ等)から、銀塩感光材料に直接レーザー露光するラムダプリント仕上げがとても素晴らしかった。
 全体の1/4ほど焼き直しが出て、それを25日に再度プリントチェックして本番プリントとなる。写真展の準備は大詰めに来ている。
 5時過ぎ明日が曽根塾で1日出っぱなしなので、息子に留守番をしてもらって目黒区長選挙の期日前投票に妻といっしょに田道ふれあい館へ。
 3階に上がり会場へ入ると、ガランとした場所に5人のひとが待ち受けていた…。期日前にたくさんの投票者が殺到するとは考えにくいが、これだけの人数が必要なのかなと思う。それに実質的に僕らの相手をした人は2人。他の3人は投票が終わると、「おつかれさまでした」というだけ。。
 食後しばらくたってから、前髪がのびてめにかかってしまった怜王の髪を切る。2つのはさみとsaboが散髪道具だ。どうにかカットしたたばかりに見えないように(もみあげは短くカットしないように、という妻の言うことを聞きつつ…)切り、怜王は妻といっしょにお風呂に直行。 
 夜10時少し前明日の曽根塾をお願いしている古賀さんからメールが入っていて、読んでみると集合時間が僕が考えていた時間と3時間も違っていたことに驚愕!
 というのは明日10時集合だとばかり思っていて、早く出なければと思っていたが実は1時だったからだ。
 これは僕の思い違いで、今回の塾スケジュールを企画した塾生尾花さんが、事前に撮影をしてからといっていたことがようやく理解できた。
 だがしかし明日は午後から雨が降るという予報が出ているので、ひとまずおひるくらいまでに現地(豊洲)に着くような時間に出たほうが良いだろう。明日の雨、できる限り後手に回って欲しい…。
2012年04月21日(sat)  No.585

4月14日

  いつものように6時前起床をし窓をあけて外を見ると、雨降りの上暗く数ヶ月戻ったような冷え込み…。そんなわけで、ランニングは中止。休みなのに息子も起きてきて、外の天気以外はいつもと変わらない朝だ。が、今日は午後から銀座写真塾の撮影実習が予定されている…。昨日の降り始めが早めだったので、昼過ぎくらいまでに降りきって、あがってくれ…と東京アメッシュ(http://tokyo-ame.jwa.or.jp/index.html)を見ながら念じるのみ。。
 同じ時間に目を覚ました息子は、微妙に咳をしていた。妻からのど飴をもらって7時くらいまで久々にヒーターで暖まりながらDSをやっていたが、すごすごと心室に戻り布団に…。
 軽い咳であるが妻も昨日から体調を崩し、頭痛、悪寒を訴え昨夜はふたりとも9時に眠った。様態が悪化してさてと思っても、明日は日曜日で病院は休み。今日一日、暖かくして安静にしていて欲しいが…。
 1時間ほど経過して、すでに眠くない状態の怜王は、布団のなかで妻のiPhoneを拝借して遊んでいたが数分で起きてきた。体温を計ってみると、36度8分とほぼ平熱。
 9時過ぎ、妻起床。12時間睡眠で調子が戻ったようで、熱も頭痛も悪寒もないようで顔色もよかった。
 1時20分、銀座写真塾の撮影実習地である代官山へ。歩いてもいけるが雨が降っているので、ひとまず渋谷経由で電車で向かうことに。
 2時東横線代官山駅改札口前で塾生と合流し、ゆっくり撮影しながら西郷山公園方向に移動。塾生の興味の対象はさまざだが、一旦撮り始めると執拗に撮影している姿は悪くない!
 それにしても今日のこの雨と寒さは、かなりこたえた…。どうして寒の戻りが4月中旬にやってきたのか、よりによってなぜ今日なのか…。ため息が出てしまう。。
 西郷山公園で撮影をしスペイン風の住宅(一度塾生に見せたかった)まで行きしばし撮影。そして旧山手通り下を抜け、西郷山下の交差点を通過し目黒川にかかる千歳橋。ここで一時解散をし、中目黒駅で1時間後に集合することにしてそれぞれの撮影へ。
 4時半撮影を終え次回講評会の日などを話し、どうにか悪天候の中の撮影も無事終了。のち懇親会となり、全員で某居酒屋で2時間ほど歓談。中目黒駅前で解散し、僕は徒歩で帰路に。
  途中妻に連絡をすると、怜王は食べたけどまだ夕食を食べていないというので、コンビニでもろもろ購入し帰宅。
 帰宅するとどうも怜王は、明日どこかに行きたいらしい。どこかってどこにと妻に聞くと「科学博物館とか動物園とか…」。
 明日は天気も良いし外で遊ぶ方がいいような気もするが、怜王が「どこかに…」というのであればそのどこかをひねり出さなくてはならない。どこに、連れてってあげようか…。
2012年04月14日(sat)  No.584

4月14日

 いつものように6時前起床をし窓をあけて外を見ると、雨降りの上暗く数ヶ月戻ったような冷え込み…。そんなわけで、ランニングは中止。休みなのに息子も起きてきて、外の天気以外はいつもと変わらない朝だ。が、今日は午後から銀座写真塾の撮影実習が予定されている…。昨日の降り始めが早めだったので、昼過ぎくらいまでに降りきって、あがってくれ…と東京アメッシュ(http://tokyo-ame.jwa.or.jp/index.html)を見ながら念じるのみ。。
 同じ時間に目を覚ました息子は、微妙に咳をしていた。妻からのど飴をもらって7時くらいまで久々にヒーターで暖まりながらDSをやっていたが、すごすごと心室に戻り布団に…。
 軽い咳であるが妻も昨日から体調を崩し、頭痛、悪寒を訴え昨夜はふたりとも9時に眠った。様態が悪化してさてと思っても、明日は日曜日で病院は休み。今日一日、暖かくして安静にしていて欲しいが…。
 1時間ほど経過して、すでに眠くない状態の怜王は、布団のなかで妻のiPhoneを拝借して遊んでいたが数分で起きてきた。体温を計ってみると、36度8分とほぼ平熱。
 9時過ぎ、妻起床。12時間睡眠で調子が戻ったようで、熱も頭痛も悪寒もないようで顔色もよかった。
 1時20分、銀座写真塾の撮影実習地である代官山へ。歩いてもいけるが雨が降っているので、ひとまず渋谷経由で電車で向かうことに。
 2時東横線代官山駅改札口前で塾生と合流し、ゆっくり撮影しながら西郷山公園方向に移動。塾生の興味の対象はさまざだが、一旦撮り始めると執拗に撮影している姿は悪くない!
 それにしても今日のこの雨と寒さは、かなりこたえた…。どうして寒の戻りが4月中旬にやってきたのか、よりによってなぜ今日なのか…。ため息が出てしまう。。
 西郷山公園で撮影をしスペイン風の住宅(一度塾生に見せたかった)まで行きしばし撮影。そして旧山手通り下を抜け、西郷山下の交差点を通過し目黒川にかかる千歳橋。ここで一時解散をし、中目黒駅で1時間後に集合することにしてそれぞれの撮影へ。
 4時半撮影を終え次回講評会の日などを話し、どうにか悪天候の中の撮影も無事終了。のち懇親会となり、全員で某居酒屋で2時間ほど歓談。中目黒駅前で解散し、僕は徒歩で帰路に。
  途中妻に連絡をすると、怜王は食べたけどまだ夕食を食べていないというので、コンビニでもろもろ購入し帰宅。
 帰宅するとどうも怜王は、明日どこかに行きたいらしい。どこかってどこにと妻に聞くと「科学博物館とか動物園とか…」。
 明日は天気も良いし外で遊ぶ方がいいような気もするが、怜王が「どこかに…」というのであればそのどこかをひねり出さなくてはならない。どこに、連れてってあげようか…。
2012年04月14日(sat)  No.583

4月1日

Facebookを始めてから、日記を書くペースが低下…。日常的にFacebookのウォールにアップしている文章や写真が日記と同じ役割をはたすのと、見てもらえている人たちとのレスポンスに即効性があるからだんだんそうなってしまった。
 その代わりといっては何だが、Facebookのウォールに毎朝アップしているコメントと写真を”fragment”にアップしてきたので自分的には違和感はないのだが、さすがにアップしなさ過ぎはいかがなものかと思い、今日から4月ということで今までのような日記をアップしようと思う。
 3月31日に開花の用法が1ヶ月前からでていたが、東京に開花宣言は出たものの1分咲とも言えないくらいの状況だった。
 今日咲き誇っていたら、家族で花見にでもと思っていたが、今日の夕方もしくは明日(雨が降るらしい…)以降にすることに。そんな訳で暇を持て余した怜王は10時過ぎ児童館へ元気に向かった。
 怜王が児童館へ行った後、近隣散歩へ。権之助坂の商店街を駅方面に歩いて行くと、多くの人達が下ってくる。まだ桜は一分咲きも行っていない…が、目黒川へ向かっているようだった。
 11時半帰宅。怜王は12時帰宅。お昼を食べ、ひとしきりゲームをやると、怜王は、「〇〇くんとやくそくしてるから じどうかんいってくる!」といって出かけた。〇〇くんとは同じ小学校の、3年先輩の男の子で気が合うらしい。
 僕らは”花見”なら”蕾見”をしに、飲み物(妻はほろよいサワー、僕はペット350佞離撻奪肇椒肇襪飽椶郡垢┐神屮錺ぅ鵝砲肇メラ(妻はGR DIGITAL III、僕はGR DIGITAL 検砲鮖って出た。
 いつも走ってるコースを歩き、なかめ公園で”蕾見”と”人物ウオッチング”をする。技間ほどベンチでくつろぎ、帰りにスーパーで買物をし3時半過ぎ帰宅。怜王も5時過ぎ帰宅。
 夕飯を食べた後妻と怜王は、iPhone対iPodで同じゲームに興じ始めたので僕は外が気になって仕方がなくカメラを持って、目黒川に架かる歩いて1分ほどのふれあい橋まで。
 寒い…。信じられないほど寒くて、桜が蕾の状態でも花見をしつつ宴会をしている人がいると思ったが、さすがに寒すぎてふれあい橋欄干からは静寂が…。
 帰宅後、9時から怜王はテレビで映画の「ナショナル・トレジャー」を見始めた。なぜかわからないが怜王は石(鉱石)が好きで、お宝発掘系の「トレジャー」などという言葉を聴くと眼の色が変わる。
 が、頑張って11時少し前まで見ていたが、決定的な結末を迎える最後のシーンは夢の中…。
 ゆっくり眠って欲しいが、明日は1週間前に採血したアレルゲンの検査結果が出る日で、恵比寿の厚生中央病院に怜王を連れて結果のデータを受け取りに行かなくてはならない。
 僕自身小学校が終わるくらいまで、蕁麻疹をわづらっていたのでいくらダメと言われてもかゆいと思ったらかいてしまうその怜王の気持はわかっているつもりだ。
 だがしかし、手や首などを執拗にかいて血が出たりしてしまうと、気持ちはわかっていてもかくことをやめさせようとする自分を意識した時、大人は勝手だなと思ったり…。
2012年04月01日(sun)  No.582

 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.29