ys diary
<< 2012年01月 >>
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2012年01月24日(tue)
2012年01月15日(sun)
2012年01月10日(tue)
2012年01月07日(sat)
2012年01月05日(thu)
2012年01月01日(sun)


 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
1月24日

 5時40分起床。キッチンへ行くと、「積もってないよ」と妻が寝室から顔を出していった。手早く替えて外に出ると、道路の端に積もった雪はあるがほとんど内に等しい感じ。
 最初に遭遇したタクシーは、走っては止まり走っては止まりと路面を気にしている。スタッドレスタイヤを履いていない…。
 目黒川の緑道に出ると、まだ積もっているところはあったがほとんど何時もと変わらない。東京は暖かいのだ。
 しかし積もっているところは良いが、アスファルトが見えているところには、薄く氷がはっていて危険だ。そんな訳で今朝は、早足大股でのウォーキングに切り替え何時ものコースを行く。
 8時怜王を小学校へ送り出し、9時過ぎ妻といっしょにJCII・日本カメラ博物館へ向かう。  
 今日はJCII・日本カメラ博物館理事の谷野さんと白山さんに、前田寅次(http://www.flickr.com/photos/konatsu823/5460778574/)のヴィンテージプリントを10時約束で見ていただくことになっている。日本ではまったくの無名の寅次だが、海外でのネット検索ではたくさん業績が出てくる写真家だ。
 寅次さんは妻の母方の親戚で、Los Angelesのリトルトーキョーを拠点に活動していた。宮武東洋やハリーK・SHIGETA(重田欣二)より先輩の寅次さん。初めて親戚以外の人の目に触れる、記念すべき日。
 10時昨日の大雪の関係で、南北線が微妙に遅れ…10時5分過ぎくらいにJCIIに到着。前回もそうだが寅次と親戚筋(妻と結婚した僕にとっても、寅次さんは親戚であり写真家の大先輩)で、いっしょに寅次の痕跡を調べている妻も同席。
 そして寅次のプリントを見たいと言っていた知り合いのフリーの編集者の山村敦彦くんがすでに到着していたので、早速谷野さん白山さんにプリントを見ていただく。
 お二人ともに熱心に見て頂け、高い評価をしていただいて嬉しい。そしてお見せしている途中で、JCIIでの年内写真展開催の話が即効でまとまる!!
 前田寅次の業績を写真史に残せたら(白山さんは「日本の写真史ではく、世界の写真史に」と表現していた)と思っていただけにとても嬉しいお話だった。
 帰りに山村くんと3人でランチ。半蔵門線で一駅先の永田町駅で山村くんと別れ、南北線へ乗り込み帰宅したのは1時を回った頃だった。
 通常怜王が小学校から帰るのは2時半過ぎだが、今日は小学校の校庭を遊び場に解放する「ランドセル広場」へ行っているので、帰りは4時から5時くらいまでの間。 買い物がてら、近隣散歩に出る。
 何時もこのあたりまで書いて、アップし忘れることが多いので…今日はここで終わりにしてアップしておこう。
2012年01月24日(tue)  No.573

1月15日

 今朝は爆睡し過ぎで…、目が覚めたら6時15分…。手早く着替えキッチンへ。6時25分、CX3を持ちランニング開始。
 外に出ると、明らかに目に入る風景は曇天のわりには明るい。国立天文台の「きょうのこよみ」を見ると、昨日(14日)から日の出が6時51分から6時50分になっていた。これから日に日に、日の出の時間が早まりもっと6時過ぎでも明るくなってくるだろう。
 目黒川の緑道に出て走り始めるが、何時も走ってる6時ころと比べるとランナーの数が少ない。月は1週間前と比べるとかなりのスピードで高度を上げ、すでに真上に近いところでぼんやり雲ににじむように浮かんでいた。
 なかめ公園橋近くのフェンスに、大量のスズメ!以前住んでいた目黒区平町1丁目辺りはカラスが多かったが、目黒区目黒1丁目辺りはスズメのほうが多いように思う。
 6時50分過ぎ帰宅すると、怜王が起きていた。朝食の準備を始め、メールとfacebookのチェック。そして今朝ランニングの時に撮影した画像を、Facebookのウォールにアップした。
 午前中は7日にスタートした、銀座写真塾 2012年度曽根陽一教室(スナップ)で撮影した写真のプリントに費やした。今回テーマにしたのが冬ならではの「斜光」で、光と影を意識して撮影すること。
 塾生といっしょにのコース(銀座↔日本橋)で撮影した写真はGDD姑売以来徹底して使っているブリーチバイパスでの写真で、今期終了までこの設定で撮り切るつもりであいる。
 もちろん日常的にも東京をブリーチバイパス設定で撮影を続けていて、ひとつのかたまりを形成しつつある。銀座写真塾では指導はもちろんのことだが、自分自身も楽しみたいと思っている。
 プリントを11時前に終了。昼までこの24日「日本カメラ博物館」のキュレーターのSさん、そして日本カメラ財団理事のY氏に妻の母方の親戚すじにあたる写真家前田寅次のヴィンテージプリントを見ていただくことになっていて、参考資料として記録用に僕が私感的に書い寅次のための覚書の推敲をする。
 昼前毎月楽しみにしている「コロコロコミック」を買いに、権之助坂商店街へ。最近なにかと「ひとりでかえる」「ひとりでいく」とひとりを強調するので、少し先に歩いてもらって(何時も外に出ると手をつないで歩くので…)、ひとりを少しだけ体験。
 が…商店街の書店は休みだったので、目黒駅のアトレに入っている有隣堂へ。「コロコロコミック」もひとりで列に並んで、買わせ帰宅した。
 夕方家族で東急バスに乗り東山1丁目のバス停下車で、中目黒ドンキ・ホーテへ。夕飯のおかずやお菓子ワインなどを購入した。と言っても夕食はイタリアンではなく、怜王のリクエストで餃子だ。
2012年01月15日(sun)  No.572

1月10日

 昨夜寝る前に「6じにおこして」と怜王に言われたのが頭にあってか、いつもより早めの5時半前に目がさめてしまった。ランニングに出られるよう着替えをし、6時になるまでメールやFacebookをチェック。
 今日は僕の誕生日で、Facebookともだちからたくさんのメーッセージが入っていた。返信を送ったりしているうちに6時に。怜王を起こしに行くとさすがに自分で言い出しただけあって、パッと目を覚ましちゃんと起きてきた。
 今日は新学期の始まり始業式の日で、怜王自身登校することに緊張している様子だった。
 6時過ぎ、早朝ランニングへ。ランニングの折り返しの目黒新橋を渡りかけた時、西の空に青白い大きな月(昨日満月だったらしい)が眩く輝いているのが見えた。美しい!
 7時過ぎ怜王に朝ごはんを食べさせ、8時怜王といっしょに小学校へ向かう。というのは今日は僕自身の誕生日だが、息子が通う小学校の”旗振り当番日(交通安全の黄色い旗を持ち腕に腕章をして、登校する生徒たちに「おはようございます!」と挨拶をする)”でもあり、8時から8時20分まで小学校裏門前でやってきた。
 ほとんど知らない子ばかりだったが、幼稚園の時に同じクラスだった女の子のIちゃんが笑顔で手を振ってくれほっとした。。。
 旗振りの当番の日は妻がお互いの誕生日にと決めたらしいのだがが、1月10日(妻は8月23日)が新学期初登校日に当たるとは巡り合わせだなと思った。
 9時半前妻が仕事に出かけ、僕は食器洗いや少しだけ洗濯をしている間にCX3を持って近隣散歩。その時ふと見上げた空に円形の虹(数年前の夏由比ヶ浜で上空に現れた円形の虹を撮影したことがある)が発生(9時47分頃)していた。虹のリングの中心から放射状に細長い雲が現れ、まるでファイナルファンタジーのアルテマかメテオであるかのようなイメージ!凄い。
 帰宅後明日の仕事の準備(カメラのバッテリーの充電やモノブロックストロボの発光テスト、シンクロコードなどの接触テスト等)を行うと、10時半になっていた。
 誕生日の今日から気合を入れてと考えていたが、怜王が冬休みで暮れから正月のK三択の新年会千葉の実家への帰省、さらに毎日のランニングなど少々目に見えない疲れが溜まっているように思ったので、怜王が帰る2時半ころまでの貴重?なひとり時間を大事にしようと思う。
 7日が銀座写新宿の初日の撮影実習があったが、実質上明日11日の仕事が撮影の初仕事となる。世の中は元旦からが1年の始まりだが、僕の場合誕生日を過ぎた時からが1年の始まりだ。準備万端で、仕事をこなさなければならない。
 昼前より近隣散歩に出て、GRD犬撚写楾界隈を撮影。帰宅後GyaO!で、ソクーロフ監督イッセー尾形主演の「太陽(http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id324944/)」を見る。
 2時半過ぎ、怜王が小学校から帰ってきた。転校生の男の子が来て皆でサッカーをして遊んだと、帰るなり言っていた。
 息子が帰ってきたのでおやつなどを食べさせた後、CX2を持たせ近隣散歩と称し外出を。まずは目黒通り東急バスの元競馬場バス停近くの東急ストア方向に撮影しつつ歩き、とても興味を持っている”原石”が入っている「原石発掘」と「魔法の石の伝説発掘」を100円ショップで購入。写真を撮る以外の息子の欲求を満たした後、帰り道にある「ギャラリー・コスモス」へ寄り見ておきたかった「変貌機/兄 清の世界」を息子と見る。
 会場には元日本カメラ編集長の梶原さんがいらっしゃったが、どなたかと熱心に昔話(植田正治や奈良原一高、寺山修司などの名前が飛び交っていた…)をされていて挨拶出来ずじまいで会場を後に帰宅。
 さて明日はT出版の仕事で、元バレーボール日本代表の大山加奈さんの撮影が東レ本社である。どんな人なのか、明日がが楽しみだ!
2012年01月10日(tue)  No.571

1月7日

 6時起床。手早く着替えて、早朝ランニングへ。作年11月24日よりはじめたランニングが、三日坊主に終わらず年を越せたことが嬉しい。
 30分ほどのランニングから帰り、メールとFacebookをチェック。夜明け前のランニング時に撮影した写真をセレクトし、Facebookのウォールにアップ。
 7時少し前、怜王が起きてきた。妻は昨夜というか早朝3時過ぎくらいまで仕事をしていたようで眠っている。
 この2日間、怜王といっしょにカメラを持って近隣散歩と称するスナップ撮影に出た。一昨日は目黒駅界隈、昨日は林試の森公園(http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/outline003.html)。
 1時間ほど怜王は写真を撮ったり遊具で遊んだりしていたが、園内中程にある池近くで数匹の猫をみつけると、執拗に撮影をし始めた。撮り方動きなど、まるで僕がやるそのまま…。
 午前中まだ終わっていない小学校の宿題の中から、縄跳びをやりに斜向かいの田道公園広場へ。両足跳び、走り跳び、片足跳びをそれぞれ30回ほど出来たのを確認したあと帰宅。
 昼食を軽くとり1時過ぎ、今年初仕事となる銀座写真塾・曽根教室・第2期へ出発。日向と日陰の落差が激しいく、風が冷たい…。
 2時曽根教室の、顔合わせ。塾生は全員前回参加者だったので、顔合わせと言うより今期の目標と塾終了後に予定している写真展会場についての話をしをする。
 撮影実習は銀座4丁目〜日本橋往復で再び銀座に戻り、塾生を連れBLD GALLERY(http://bld-gallery.jp/)で昨日6日から開催の細江英公写真展に寄り素晴らしいビンテージ・プリントを拝見!
 全作品印画紙の外枠に、銀が浮いていた…。当時撮影した写真展の記録写真があったので見てみると、写真弘社から花束が届いていたので細江氏の指示?で行った写真弘社プリンターの仕事だと思うが、モノクロ印画紙の周辺を完全に定着させない銀残しの大胆プリントに圧倒された。
2012年01月07日(sat)  No.570

1月5日

 あっという間に正月も終わり、今日は5日。今日から仕事という人は多いと思うが、僕の仕事始めは7日。妻は10日まで休みなのだが、今日だけ打ち合わせで外出する。
 怜王の冬休みは10日までなので、そろそろ気を引き締めて2012年をスタートさせなければと思う。
 作年11月から始めた早朝ランニングは、暮れの30日から年明け3日まで休み昨日から再開。昨日は普通にランニングをしたのだが今朝はいつもと違う風景を見たくなり、ランニングから大股早足のウォーキングに切り替え、いつもの倍の距離を歩いてみた。
 大股かつ早足でのウォーキングはランニングと変わらないくらいの体力を消耗するようで、帰宅後は汗をかいていた。
 帰宅後Facebookやメールをチェックし、ランニングの時に撮影した写真をアップロードする。7時半家族で(怜王は食べたくないというので、牛乳カルピスを…)食事をした。
 9時すぎ、妻が打ち合わせに出かけた。妻が出かけた頃より「モンハン(PS3)」をやり、アニメの「ケロロ軍曹(You Tube)」をibookで見ていた怜王が「おひるは ういんなにけちゃっぷかけた ごはんがたべたい」というので11半すぎ作ってあげる。
 食後2時くらいまで遊んでいた怜王が「そとにいきたい」と言うので、親子近隣散歩(撮影)はどうかと聞いてみると「それでいい!」と言うので息子にCX3を貸してあげ(CX2のバッテリーチャージャーが、昨年末より行方不明…)、目黒川沿いの緑道へ。息子はすかさず目黒川の水面にレンズを向けてシャッターを切っていた。
 近隣散歩は目黒川沿いの緑道を目黒新橋方向に歩き、権之助坂を登り目黒駅方面へ。妻の打ち合わせが終わり3時前には目黒につくというので途中合流し、帰りの買い物をして帰宅。
 帰宅後Facebookのプロフィールの写真を、怜王が付属自然教育園で撮ってくれた写真に切り替えてみた。
2012年01月05日(thu)  No.569

1月1日

 昨日はたくさんの参拝客で賑わう、目黒不動尊で除夜の鐘を聞いた。怜王は夜店で買ってあげたたい焼きを美味しそうに食べて満足気だったが、それにしても例年になく暖かい大晦日だった。
 開けて2012年、6時半に目が覚めた。昨日同様寒むくない。過ごしやすいが年明けだが、元旦らしくない気がして少々物足りない…。
 7時半、怜王が起きてきた。新年の挨拶をしたあと、リラックマの絵が描かれたお年玉袋(僕と妻からということで、2000円!)を怜王に!嬉しそうに自分の財布に入れながら、「ねんにいちどだから はやくつかわないと!」と訳のわからないことを言うので言うので元旦はお店開いてないよと言うと、がっくり肩を落としていた。
 日曜日でも元旦なのでテレビの子ども番組は教育テレビしかやっていなく少々つまらなそうだったが、8時半を過ぎてプレステ3ゲーム「白騎士物語」をすごすごとやり始めた。
 今年の正月、今までと違うことはFacebookの存在の大きさだ。大晦日あたりからたくさんのコメントが入ってくる。年賀状でも新年の挨拶はしているが、Facebookはリアルタイムでダイレクトなので送ってもらえた人たちの今現在の様子が知れてとても面白い。そんなわけでiPodにメッセージの通知を知らせる音が頻繁に鳴り、Mac Book Proは元旦からフル稼働!
 朝起きてからまずは菊水の辛口をちびちびやって、昼くらいから赤ワインをちびちびやりながらまったりと午後を過ごす。そしてお年玉をどうにか使おうとする玲央は、ビーダマンを買いに行きたいと執拗に言うので開いてる店を探すと近場ではダイエー。ということで…、碑文谷ダイエーのおもちゃ売り場に東急バスで向かう。
 到着後直行で7階のおもちゃ売り場ヘ行、お目当ての「超改造セット パワー&連射」をゲットののち2階で飲み物などを購入し帰宅。
 さて明日は毎年元旦2日に元C社のKさん宅での新年会、3日は千葉の実家へと二日連続で出かけることになっている。今現在休んでいる早朝ランニングは2つのイベントが終わった翌日の4日より再開予定。
 夜になり怜王がが眠った9時半位から、GyaO!で見れる最新映画「インベージョン(http://wwws.warnerbros.co.jp/theinvasion/site.htm)」を見る。ニコール・キッドマンの息子役の子が、怜王と同じくらいの男の子で少々思い込みも多く入りつつ見るがとても面白かった。
 カテゴリーが SFスリラーとあったがぜんぜんそんな感じではなく、母と息子が信じあって難関を乗り越えると言いような映画。配信は元旦からなので、チャンスがあったら怜王にも見せたいなと思った。
2012年01月01日(sun)  No.568

 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.29